JGC修行☆備忘録

突如思い立ち2018年にJGC修行をはじめることになりました。数字は苦手なので一切でてきません。見たままの日記。役立つことは各自見つけていただければうれしいです。

【JGC修行】アイランドホッピング2日目

f:id:hiyuka_tokyo:20180226125911j:plain


アイランドホッピング2日目です。

今日は午前中にはじめての徳之島がはいっています。

 

かごしま空港ホテルは

朝6:30から空港に向けてシャトルバスがでています。

f:id:hiyuka_tokyo:20180226144116j:plain

とても近いですが

朝早いと暗く、車が通る道を歩くことになるので

バスをおすすめします。

 

早朝はロビーで出勤前のパイロットやCAさんにたくさん出会えます。

彼らのシャトルバスは別便なのですが

私はなにを思ったからCAさんがたくさん乗り込んでいるバスに

おはようございまーす、といって乗り込んでしまいました(恥ずかしい!)

でもちょっといい思い出。

 

空港で鶏飯をいただきました。

ビュッフェ形式で800円。

美味しかった!

f:id:hiyuka_tokyo:20180226150622j:plain

 

本日の鹿児島は雨予報の曇り空。

バスで飛行機に向かいます。

f:id:hiyuka_tokyo:20180226150445j:plain

お天気のせいか奄美まで結構揺れました。

f:id:hiyuka_tokyo:20180226150701j:plain

桜島

こんな距離で噴火したら怖いですね。

シラス台地なのかな。

 

奄美空港着。

雨が降り始めています。

お迎えのバスにのって到着口まで向かうと

ドライバーさんが「徳之島行きに行かれる一名の方」と

声を出すのではい!と答えると

このまま乗っていてください、とのこと。

(この時点で修行はわたしだけってことですね)

みんなが降りて私だけ乗車しているのですが

降ろされたところはさっきの2メートル先くらいの別方向の入り口。

手厚く送っていただきました。

降りるとスタッフさんが

鍵を開け、直接保安検査通過後の待合所の方へ

連れて行ってくれました。

雨具を来た整備のスタッフさんの背中を追いかけているのは

なんだかどきどきしました。

 

そしてほどなくしてまたバーコードをかざして

搭乗手続きです。

今度はSAABまでは銀色の傘を差して向かいます。

風がかなりつよく持って行かれそう。

整備済みの機材に傘が当たったらえらいことです。

整備の方の心中も察しますが

はじめての傘でちょっこしうれしかったのも事実。

f:id:hiyuka_tokyo:20180226150310j:plain

f:id:hiyuka_tokyo:20180226150312j:plain

 

定刻通り

奄美から徳之島へ出発です。

またも結構揺れました。

 

徳之島空港着。

f:id:hiyuka_tokyo:20180226150419j:plain

 

 徳之島子宝空港ですね。

 

f:id:hiyuka_tokyo:20180226150526j:plain

f:id:hiyuka_tokyo:20180226150518j:plain

f:id:hiyuka_tokyo:20180226151050j:plain

徳之島はもう来ないので

記念に徳之島の名前のある

黒糖の飴を買いました。

 

さて搭乗。

f:id:hiyuka_tokyo:20180226151232j:plain

飛びます。

f:id:hiyuka_tokyo:20180226151251j:plain

やたらめったら揺れるのです。

CAさんも立てるタイミングもなくて

あめさんのサービスもないくらいです。

 

徳之島から奄美へ。

降りる時にCAさんから

いただきました。

f:id:hiyuka_tokyo:20180226151430j:plain

f:id:hiyuka_tokyo:20180226151424j:plain

揺れで疲れた身体にやさしい言葉が染みます。

み〇〇〇さんありがとう!

 

さて午前中の修行はあっさり終わってしまいました。

午後修行の一便目は奄美沖永良部島ですが

2時間あるので時間をつぶさないといけません。

しかし外は雨。

かなりの雨です。

 

空港2階のJOYFULで早めのランチをいただくことにしました。

なんか値段がとってもリーズナブル。

ロイホのつもりではいったらサイゼだったみたいな。

パスタ、サラダ、ドリンクで900円いかないという。

f:id:hiyuka_tokyo:20180226152216j:plain

あっという間に食べ終わり。

 

し、か、し

私の時間はまだ90分ほどある。

どうすべ、って思案したときに目にはいったのが

この焼酎メニュー。

f:id:hiyuka_tokyo:20180226154001j:plain

やす!

税込で227円。

どのレベルの焼酎かはわかりませんけど

普通の居酒屋より安い。

そして梅酒を頼む私。

ロックでとお願いして持ってこられたのがこちら。

f:id:hiyuka_tokyo:20180226154111j:plain

量多い!

水割りだったっけ?と確認のために一口飲むほどに量が多い。

ちゃんとロックでした。鹿児島県SUGEEEEE!

修行の最中は飲まない主義でしたけど

雨だし時間もあるしええでしょということで(自分に甘い)

2杯飲んでしまいました。

 

さて話は修行に戻ります。

奄美が悪天候で今日は引き返す可能性があります、と

朝の鹿児島でも言われましたが

どうやら喜界島も悪天候のようです。

梅酒を飲んでいる間に喜界島行きの欠航がアナウンスされました。

私は本日の最後に喜界島に行き、そこから鹿児島に戻る予定。

でも喜界島が欠航だと鹿児島にも戻れず羽田にも乗れない。

心配になった私は地上さんに相談に行きました。

午後からは奄美〜沖永良部〜与論〜奄美ですが

奄美に戻った時点で喜界島が欠航ならば

奄美〜鹿児島のルートに変更。

それによって羽田便も一本あとの予約を念のため

おさえてもらいました。

f:id:hiyuka_tokyo:20180226154811j:plain

 17:55の奄美〜鹿児島行きは

この時点で残4席でした。

 

13:10になり奄美から沖永良部へ出発です。

 

f:id:hiyuka_tokyo:20180226155058j:plain

沖永良部行きの表示が出ずに喜界島欠航の表示がずっとでていました。

f:id:hiyuka_tokyo:20180226155133j:plain

雨足は弱くなっています。

 

沖永良部はきれいに晴れていました。

気温も18度くらいでしたが

薄い上着は着たままで心地よかったです。

f:id:hiyuka_tokyo:20180226155417j:plain

f:id:hiyuka_tokyo:20180226155421j:plain

f:id:hiyuka_tokyo:20180226155320j:plain

 

沖永良部を後にして与論へ。

f:id:hiyuka_tokyo:20180226155518j:plain

海がきれいです。

島民の方はこの海を見てどう思うのかな。

誇りに思うのでしょうね。

 

与論空港

f:id:hiyuka_tokyo:20180226155825j:plain

雨がかなり降ったようですね。

f:id:hiyuka_tokyo:20180226160948j:plain

この写真好きです。

キャップをかぶった地上さん。

 

f:id:hiyuka_tokyo:20180226155917j:plain

比較的時間もあったのでまた外へ。

 

なんだろう、これ。

f:id:hiyuka_tokyo:20180226155935j:plain

 

与論は鳥がよく登場します。

「与論 鳥」で調べるとホロホロ鳥ってでてくるけど

それかどうかはわからない。

ああ、地元の人と話せばよかった!

f:id:hiyuka_tokyo:20180226155955j:plain

f:id:hiyuka_tokyo:20180226160051j:plain

 

花なめで飛行機。

f:id:hiyuka_tokyo:20180226160117j:plain

2回目の与論島、満喫しました。

 

午後からは同じ顔ぶれが多いので

みんな修行でしょうね。

優先搭乗で乗り込む人も3名ほど。

みなさんサファイアより上を目指しているのでしょうか。

すごいです。

あ、わたしも今朝の一便目で

回数30に到達しました!

 

機内に戻ったときCAさんに

「喜界島飛びますかね?」聞くと

一応飛ぶ予定ではあるらしいです。

 

奄美に戻ってきました。

雨は止んでいます。

f:id:hiyuka_tokyo:20180226161144j:plain

 喜界島へ便はちゃんと飛びそうです。

 

奄美では

今朝の徳之島のときみたいに

そのまま乗り継ぎでスタッフさんの先導のもと

搭乗口の待合所にもどってきました。

今回はかなりの人数。

修行僧の炙りだし!

 

搭乗口Cですが

なぜか鹿児島の表示。

f:id:hiyuka_tokyo:20180226161328j:plain

時計は16:07

表示は16:05です。

鹿児島行きが遅れているのですね。

そしてこの飛行機がでないと

喜界島への搭乗はできません。

 

鹿児島便の搭乗が終わって喜界島の順番になり、

機材に向かいますがこの時点で本来なら出発の時間。

f:id:hiyuka_tokyo:20180226161509j:plain

 

乗り込んでアナウンスがありましたが

出発の機材が前に4機あるそうで30-40遅れで飛びました。

(実際は20分ちょいのディレイだったみたいです)

 

喜界島に到着。

日が傾いていい感じです。

f:id:hiyuka_tokyo:20180226162057j:plain

とても暑い。

今日一番厚かったです。

降りた時間が本来ここを旅立つ出発時間。

f:id:hiyuka_tokyo:20180226162002j:plain

 

鹿児島へは15分遅れて出発するそうです。

 

喜界島、

もうきっと来ないだろうな、、しみじみ。

f:id:hiyuka_tokyo:20180226162125j:plain

 

空港よりとなりのパティオの方が立派とは??

f:id:hiyuka_tokyo:20180226162149j:plain

 

搭乗のときに写真を名残惜しく撮っていたら

スタッフさんが「撮りましょうか?」と

言ってくださいました。

正直空港内のスタッフさんにそんなことお願いできるなんて

思ってもみなかったのでびっくりです。

うれしくてもちろんお願いしました。

f:id:hiyuka_tokyo:20180226161821j:plain

とってもかわいい空港。

空港しか知らないけど、忘れないよ(・_・。)

 

さて喜界島から鹿児島へ。

若干遅れているので

再度CAさんにどんなもんか聞いてみました。

定刻から鹿児島へは20分遅れで到着するそうです。

ほっ、お土産を買う時間はないけど

飛行機には間に合う〜。

 

安心しているとなんとお茶のサービス。

f:id:hiyuka_tokyo:20180226162711j:plain

コーヒー、コンソメスープ、日本茶の3種類で

ホットしばりでしたけど

この機材ではじめていただきました。

心底ホッとしましたわ。

 

そして暮れていく時間も素敵でした。

f:id:hiyuka_tokyo:20180226162818j:plain

飛行機から見る景色、そして飛行機。

どれもどうしてこんなに美しいのでしょうね。

 

鹿児島着。

なんとめっちゃ雨!

f:id:hiyuka_tokyo:20180226162908j:plain

 

降りる時にまたもCAさんがカードを

くれました。

午後のつ〇〇さんはボブカットのかわいい方。

f:id:hiyuka_tokyo:20180226162958j:plain

心配していろいろ聞いたから

お気遣いいただいちゃいました。

お世話になりました!

飛行機旅を続けていたら

またどこかで出会えるのかなあ。

 

そのまま外に出ずに

搭乗口のカウンターで控えを発行してもらい

10分くらいお土産を物色。

甘い醤油も焼酎も買ってかえりたいけど

吟味している暇がない!

結局なにも買わずに機上の人へ。

 

唯一自販機で買ったかごしま茶のペットボトル。

これだけあればいいや。

そういえば昨日食べようと思って入れてあった

薩摩揚げのさつまいもとチーズ味がバッグの中に。

夕食代わりにいただきました。

さつまいも味やっぱり甘いよ、、。

 

羽田には定刻通りに到着。

昨日のことですけど

思い返すとアイランドホッピング修行

じわじわきますね。

やはりちょっと辛い分、旅はあとから楽しいですね。

 

さてさて38レグまで行きました。

残りも頑張ろうっと。

 

今週はやめときゃいいのに

セントレアタッチ2日連続です!

きゃー。